×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆諸国探訪記その1 〜 北の岬≠フ恋物語 〜

ねこ科モンスを集める≠ニいう使命を思い出した(←忘れてたんかい…!)王様。
新たな家臣獲得のため、各地を旅しつつ見聞を深めることにしたのでした…。


ざざーん…。ざざーん…。

岬や崖にはサスペンスがつきもの…【ラクレス】
ん〜♪ 潮風が気持ちいーねー。

【風琉】
そうですねぇ。
(私たちはこんなところで何をしているのかしら…)

【ユウロ】
(風琉、それは考えちゃダメなんだよ…)

【風琉】
あら、なんだろこれ…? わっ!

ほ〜ら事件発生!【ラクレス】
そーいえばフレイアじゃ、海藻以外は海産物採れないよねー。
魚いないのかなぁー?

【ユウロ】
XGだとアジが採れましたねぇ。

【ラクレス】
使い道なかったけどね(>_<)
…って、あれ? 風ちゃんは?

【ユウロ】
ほんとだ。どこいったんでしょうね…?

【ラクレス】
さっきまですぐ隣にいたのになー…わっ!

なんと2人目の失踪者がw(°o°)w【ユウロ】
……………………見なかったことにしてこのまま逃げてしまおうかなぁ(^^;

【風琉】
ユウロぉぉぉっ(-д-")


※注:ユウロくんの心の中の声です。

【ユウロ】
……ダメだ。きっと逃げ切れないな(T-T)
んーと、このへんだっけ? わっ!

――そのすこーし前…。

決して行き倒れてるわけじゃ…【風琉】
う…。いーたーいー。
ったく、なんで私がこんな目に…(T-T)

【ラクレス】
わっ、わっ、風ちゃんどいてーっ!

【風琉】
え? 王様? ってちょっと待って!
ダメ! 無理! いやー!!!

 ヒュゥゥゥゥ〜…………ドガッ!

女の子とはいえ(推定)40kgが落ちてきたらそりゃ痛いわなー【ラクレス】
いったぁ〜(>_<.) あ、風ちゃんごめん〜。

【風琉】
王様…ご無事でなによりですわ…。でも、ちょっと重いです…。

【ラクレス】
あーっ、風ちゃんひどっ(T-T)

【ユウロ】
2人とも〜。そこにいると危ないよ〜。

【ラクレス】&【風琉】
え?

 ヒュゥゥゥゥ〜…………ドガガッ!

今度は(推定)60kgが落ちてきたー【ラクレス】
ぐはぁぁ…。

【風琉】
な、なんでユウロまで落ちてくるのよ…。

【ユウロ】
だから危ないって言ったじゃん。

【ラクレス】&【風琉】
わかってんなら落ちてくる前に言えっ!(-д-")




【ラクレス】
でもこれ、おもしろいねーっ♪(≧◇≦)



                    【風琉】
                    ……え?



                    【ユウロ】
                    い、いや、まさかねぇ。



【ラクレス】
もっかいやってみよ〜♪

 ヒュゥゥゥゥ〜…………ドガガガガッ! …ベチッ。

今ここに裏切り者が1人出ました【ラクレス】
ん〜っ。痛いけどスリル満点!

【風琉】
ユ、ユウロ…っ。逃げ…たわね…!

【ユウロ】
(せ、生存本能がより可能性の高い方を求めて…なんて言って許してもらえるはずないよなぁ…)

――まぁとりあえず、奥へ進んでみることに。

謎の人面(?)石像を発見(≧◇≦)【風琉】
王様、何をしていらっしゃるんですか?

【ラクレス】
う〜ん。これはアレだね。先に視線をはずした方が負けってやつだね!

【風琉】
いえ、まったく意味がわかりませんが(-д-")
(そしてユウロはなんでこんなにのんびりしてるのっ?)

【ユウロ】
(風琉…のんびりしてるんじゃなくて諦めてるんだよ…)

そして謎の少女と謎のオッサンも発見(≧◇≦)【ラクレス】
誰だっけ…この子。

【風琉】
トカマクでしょう。こっちに来てすぐの頃、さんざん壁や病院がわりにしたクセに、忘れてしまったんですか?

【ラクレス】
あー、あー、トカマクね。そうそう。
(な、なんか風ちゃんの言葉に鋭い棘を感じるっ…)

【ユウロ】
(あー、イライラしてるな、風琉)

決してフォークダンスを踊ってるわけじゃ…

このフレーズ、また後で出てくるので覚えておきましょう

や、まだ死んでないからね(^^;



【ラクレス】
こ、これはまた…いっちゃってるなぁ(^^;


                    【風琉】
                    さて、どうしたものでしょうね…。
                    この子をなんとかしないと先へは進めないようですし。

自ら虚弱体質を名乗る人はたいてい体が丈夫です【ラクレス】
だ、誰…このオッサン(-д-")
虚弱体質の人間がそんなデカい荷物背負ってこんなとこまでこれるわけねぇだろっ!

【風琉】
王様、王様っ。地が出すぎですっ!

気持ちよさそうに鼻歌を歌っていますが、実はかなりの音痴です【ユウロ】
まぁこのままじゃトカマクもかわいそうだし、僕らも先へ進めないと困りますから、ここは助けてあげましょうよ、王様。

【ラクレス】
ちぇ。ユウロくんは典型的ないい人≠セよねー。

【ユウロ】
(グサッ…僕は、典型的ないい人…いい人…)

――というわけで、やっと少し進みました(-д-")

残念…ねこ科じゃなかった(T-T)【ラクレス】
おおっ。敵、出るんだここっ!w(°o°)w

【風琉】
出ないと思ってたんですか…(-д-")

このコンビはきっとこの先もいたるところに出没するんだろうなー【ラクレス】
この2匹は何をやってるんだろう?

【風琉】
さあ…。

【ユウロ】
あ、あれかなっ? 『だるまさんがころんだ』で鬼の人にタッチする直前!

【風琉】
はぁ…そんなことより、彼らから何かトカマクの正気を取り戻す刺激物を接収しましょう。

普通はドロリとなる前に出来上がりなんですけど(-д-")【ラクレス】
お。ちょうど何か料理を作ってるところみたいだよー。

【ユウロ】
料理…なんだw(°o°)w
何か呪いの薬でも作ってるのかと思った…。

【風琉】
いらないそうなのでもらっておきました〜。
とりあえずこれを試してみましょう!

もうこのままでもトカマクファンは許してくれそうな気がする…【ラクレス】
う〜ん。あいかわらずだね。

【ユウロ】
まぁ、それなりに楽しそうではあるけれど(^^;

最後の「ラララ……」が「ラン♪」だったら、ナウシカの歌だった…【ラクレス】
えっ。マヂですか?
これを食べるんですか?

ちなみに、『クモの巣おがくずヘソのごま、石の下の変な虫』が手当たり次第にぶち込まれてますよ?

…そうですか。しかたありませんね。さぁはりきってどうぞっ!

この黒い部分の下には、それはそれは恐ろしい言葉が(>_<)
【トカマク】
ぱく。むぐむぐ。ごっくん。
……!

★○▽◆×#◎△☆■&▼!!


※トカマクさんの名誉のため、発言内容を一部伏せさせていただいております。

こ、これを公開してしまったら、トカマクさんは女性として終わってしまいます(T-T)※同上

トカマクは「ゲテモノ食い女王」の称号を得た!【ラクレス】
すげぇ…耐えたw(°o°)w

封じられたモンスがねこ科だったら迷わず封印解いちゃいます♪【風琉】
これでなんとか先へ進めそうですね〜。

【ユウロ】
ここまでにいったいどれだけ時間を費やしてるんだろう、僕たち…(>_<)

――そして、やっとやっと地下遺跡へ…!

こういうただひたすら歩くだけの空間を古代人はなぜ作ったのだろう…【風琉】
なんか、見覚えのある場所ですね。

【ユウロ】
うんうん。セラルカのほうにあった遺跡もこんな感じじゃなかったっけ?

【ラクレス】
う〜ん。言われてみればそうかも。
とにかくどんどん進んじゃおう〜!

こ、これは新手の宗教勧誘ですかっ!?突然ですが…、

★オラシオン豆知識♪

普段はぷらぷらと宙に浮いて足をゆらゆらさせているオラシオン…。

…と思ったら攻撃してきたっ(>_<)なんと、攻撃するときは一度地上に降りてくるんですね!

…どーでもいいね。

マルスのあの鎌、ほしいなぁ。

――ダラダラやってきましたが、ついにボスのところに到達!

これ、連れて歩きたいなー。いやむしろ乗りたい! うおぅライド〜(T-T)【ラクレス】
うおーーー!
これがケツァルコアトルか〜!
すごーい。ほし〜い!

【風琉】
王様、大喜びですね。

【ユウロ】
僕らは2回目だからねぇ…。

【ラクレス】
ってか、うまそー♪(≧◇≦)
ウナギだウナギ〜〜〜っ!

【風琉】
食い物に見えるのかっ(-д-")

赤勇者の腰当て(?)がかっこいいですね〜【ラクレス】
ね、ね、これどうやって食べるの?

【風琉】
王様、これは食べ物ではありません!

【ユウロ】
う〜ん。そんなことより、こんな近くでそんなに騒いだら…、

よく見たらヒレあるし、ウナギってかネッシー?【ユウロ】
ほらー(-д-")

【風琉】
しょうがないっ。
王様、怪我しないでくださいねっ。

【ラクレス】
ううーがんばるよー。

【ユウロ】
怪我する前に回復してあげますからご心配なく〜。

んで、ボス戦もつつがなく終わりまして…、

さぁ現在のオッズは2:5! この間合いでは槍を持っている赤勇者が有利か!?【ラクレス】
むむ、ついに因縁の2人があいまみえる瞬間が…!

【風琉】
火サスでいうと22:35頃ですね。

【ユウロ】
その例えはちょっとオバさんだね。

 ガィン…!

【風琉】
あらごめんなさい。ちょっと手がすべったわ。

【ユウロ】
…今、本気で斧、振り下ろしたよね?(T-T)

★以下、王様の意訳付きでお送りします♪

トカマクの攻撃! トカマクは謎の男に必殺の冷たい目線を浴びせた! 謎の男はそれをクールにかわした! 
【トカマク】
先輩! 私と付き合ってください!
【謎の男】
いやだ。
   
トカマクは必殺技をかわされて戸惑っている! 謎の男の攻撃! 謎の男はトカマクに「死ねばいいのに」的な暴言を吐いた!
【トカマク】
どうしてですかっ?
【謎の男】
なんか、『クモの巣とおがくずとヘソのごまと石の下の変な虫』の
匂いがするからだ。
   
トカマクは100のダメージを受けた! 痛さのあまり相手の名前を訊いてしまった! 謎の男は黙秘権を行使した! そしてもう一度「死ねばいいのに」的な暴言を吐いた!
【トカマク】
な、なんて失礼なっ!
あなた、何者です!
【謎の男】
え、お前の先輩じゃないのか?
   
トカマクは今度は耐えた! そして反撃に出た! 謎の男は50のダメージを受けた! 謎の男も反撃した!
【トカマク】
だまそうとしても無駄です!
行きます!

【謎の男】
なッ! クッ!
うぉぉぉぉッ!!

ムンッ!
   
トカマクは杖で防御した! その瞬間、トカマクの脳裏に先輩との思い出がよみがえった! 謎の男はトカマクが記憶を取り戻した様子を見て動揺した!
【トカマク】
きゃッ! な、何?
先輩との思い出が――――――。
月とスッポン――――――。
森のクマさん――――――。
光る頭とカツラ――――――。
うろたえる声。光る頭頂部。
ずれ落ちる――先輩のカツラ――。
【謎の男】
どういうことだ?
こ、この記憶は………。




   
トカマクは思い出してしまった先輩の秘密にショックを受けて気絶した! 秘密を思い出された謎の男は恥ずかしさゲージがMAXに達した!
【トカマク】
あ、あなたの髪はカツ……。

きゃあああああッ
【謎の男】
ええい、それ以上は言わせん!
お前の記憶、全て消えてしまえッ!!!



【ラクレス】
ま、だいたいこんな感じ〜?

                    【風琉】
                    王様…。最初のほう、適当すぎです(-д-")
                    あと途中のもっていき方も無理やりですよっ。
                    しかも最後のはなんですか!? カツラって!?
                    全国のヴィクターファンが暴動を起こしますよ!?


                    【ユウロ】
                    いや、そんなことにはならないと思うけど…。(風琉、もしかしてヴィクターファン?)
                    ま、意訳っていうより勝手な妄想だね…。

――かくして、トカマクの恋はカツラに破れ…。

 ヒュゥゥゥゥ〜…………ドガガッ!

本日3回目の落下(>_<)【風琉】
またこれか…。

【ラクレス】
い、痛い(>_<)

【ユウロ】
上に王様が落ちてこなくてよかった…(T-T)

【ラクレス】
で、ここはどこ?

【風琉】
ひとつ上の階層に戻されたようですね。

ヤスは魔物に魅入られた! アニキはヤスを見捨てて立ち去ろうとしている!【ラクレス】
ふっ。彼もまた、果て無き死闘に挑んでいるのか…。

【風琉】
なんですか、それは…(-д-")

【ラクレス】
だからアレだって。先に視線をはずした方が負けなの。

【風琉】
壁や石造とメンチ切りあってどうすんですか…。

★ついにリヴァイヴをゲット♪
   ※新章ではこの場所にスキル販売NPCはいません。。


思えばこれもベンダーの一種なんですねぇ【ラクレス】
ふぅ。やっと買えたー。
うわ、消費MP103だって(>_<)

【風琉】
専門職じゃないですからね、私たちは。ユウロはどう?

【ラクレス】
あ、ユウロ君ならそこで雪だるまになってるよー。

【風琉】
……じゃ、私も。

【ラクレス】
え?

XGの変身≠思い出しますね♪【ラクレス】
なんできのこ…それも椎茸…(-д-")

セロリはSMAPより山崎さん本人のが断然いいです♪【ユウロ】
あ、ここにも恋の物語がひとつ。

【ラクレス】
育ってきた環境が違うんだから、セロリがダメなのくらい許してあげなきゃね〜。

【風琉】
なんの話ですか(-д-")

――さて、そろそろ帰ろう〜と思ったら…、

ワインバットとなんたらエリンギだったかと思います【ラクレス】
行きには出会わなかったけど、こんな敵もいたんだね〜。

【ユウロ】
あの色じゃ、キノコのほうは食べられそうにないねー。

【風琉】
食べなくてよろしい!

……というわけで、無事に3人ともリヴァイヴをゲットして帰ってきました♪
クレのユウロ君以外は使う機会があるかどうかわかりませんが(>_<)

ところで、クエ終了直前の、ゲイツのいる部屋でのこの会話。意味ありげですよねー。

まずこの声はゲイツ? それともほかの人? 我が国最高の頭脳…まさかDr.キ○ー…(-д-")
   
情がどーたら、っていうとペペやジルがからんでそうな… 最後が「早く行けっ」ってことはやっぱり声の主はゲイツ?

黒幕はいったい誰なのか? 五勇者をめぐるメインクエの今後に期待ですねっ!

                                                            ▲ページトップへ

◇このページ内における「コンチェルトゲート」および「コンチェルトゲート フォルテ」公式サイトより配布されたコンテンツの著作権につきましては、株式会社スクウェア・エニックス に帰属します。その他の、このページで使用しているコンチェルトゲートに関する画像(テキスト、音声)も同様です。配布や再掲載は禁止されています。

Published by Gamepot Inc. © 2007-2012 SQUARE ENIX CO., LTD All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布等)は禁止されております。